FC2ブログ
MSLabo: MCP取得や実務用に自宅でWindowsサーバを検証・自習してます&たまに日記
自宅サーバにて、Windows 2008, MSCS, Active Directory, Exchange, Sharepoint, System Center(SCCM, SCOM, FCS), SQL Serverの自習、検証をした内容を記載していきたいと思います。
Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP)についてまとめてみる
2010年11月03日 (水) 14:50 | 編集
以前の記事でApp-VとSoftGridについてまとめましたが、

また、知ってるようでよくわかっていなかったものが。。

ということで、「Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP)」ってなんやねん。

Microsoft Desktop Optimization Pack (MDOP) TechNet

・Application Virtualization(App-V)
・Enterprise Desktop Virtualization(MED-V)
・Advanced Group Policy Management(AGMP)
・Diagnostic and Recovery Toolset(DaRT)
・Asset Inventory Service(AIS)
・System Center Desktop Error Monitoring(略称不明)

この6つの機能の総称(と思う)

以下を見ると、ライセンスは
IT 人件費最大 98% 削減を可能にするマイクロソフトの IT 環境最適化提案 ~ Microsoft Desktop Optimization Pack for Software Assurance マイクロソフト

Windows 7 Professional のボリューム ライセンス プログラムに対して、ソフトウェア アシュアランス (ライセンス プログラムのオプション ライセンス) を適用いただいた上で、さらに MDOP を年間契約いただくことが可能になります。
とのこと。

更にこちらを見ると、評価版はMSDNからダウンロードできるとありました
MDOP の入手方法

■参考URL MEMO
・App-Vの検証環境を作成されている方のブログ
 http://blog.1783.org/archives/1449

・Microsoft Application Virtualization ホーム
 http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/softgrid/default.mspx

自習書やホワイトペーパーが多数あるようなので、いつも目を通したいなと
F# ってなんやねん。。
2010年10月26日 (火) 15:47 | 編集
もしかして、乗り遅れてる? きっとC#のパワーアップVer?
以下のMSのAD, ILMチームの方のブログのフィードを見て発見しました

[ADSI] F# で System.DirectoryServices を使ってみる - 管理者は見た!~AD と ILM 一家の秘密~ - Site Home - TechNet Blogs

だいぶ前の記事であることに気づき、最近めっきりそういう情報に目を通せてないなぁと反省
Visual Studio 2010から「F#」ってのが出てきたのね。。
ロックアウトされているはずのユーザアカウント情報が反映されていない
2010年10月03日 (日) 16:47 | 編集
以下、高橋基信様の記事を参考
ドメインのアカウントがロックアウトされても,管理ツールにされていないと出る

要するに同一サイトのドメコンには即座に情報は反映されるけど、
サイトが違う場合は、サイト間レプリケーションに乗ってきますと (合ってるかな。。?)
アカウントロックアウトをセキュリティログから追っていく手順
2010年10月03日 (日) 16:43 | 編集
以下のAD TeamのTechnet Blogを参照(ドメコンが大量にある場合は、きつい。。)
アカウントがロックアウトされる - Ask the Network & AD Support Team - Site Home - TechNet Blogs
EventCombMTにてイベント ログでアカウント ロックアウトを検索する
2010年10月03日 (日) 16:38 | 編集
最近、アカウントロック関連で質問されることが多い。
ドメインコントローラが大量にあると、セキュリティログから情報を特定することは
イベントログを普通に見ているだけではほぼ不可能。。

以前、一度試してみようと思っていた、以下のツールの存在をいろいろ調べていて思い出した

・Account Lockout and Management Tools  このツールに「EventCombMT」は含まれているようです
・Account Lockout Status (LockoutStatus.exe)

以下のようにGUIにて「Account Lockouts」を選択し、サーバを追加していけばOKかと
いろいろ詳しく試してみま~す
Windows 7でプロキシサーバ経由でライセンス認証できない
2010年09月17日 (金) 10:45 | 編集
IEにプロキシ情報を入力して、ライセンス認証すればOK!なんて軽く考えてたら
ユーザIDとパスワードの認証情報をいれなければならないプロキシサーバを使用している場合、
どうもライセンス認証できないようです。。

netshコマンドでプロキシ情報を入れなければならないところまでは調査して

> netsh winhttp show proxy

にて情報をみるとやはり何も表示されないので、IEの情報からimportする以下のコマンドを実行

> netsh winhttp import proxy source=ie

でプロキシ情報が入りましたが、ライセンス認証はエラーとなってしまいます。
とりあえず今までの調査ではできないのではと。。

コマンドでユーザIDとパスワードをsetするオプションがないですものね。。
IIS関連 -インターネット Web サーバー構築ガイドライン-
2010年09月08日 (水) 17:09 | 編集
Technetのメールに紹介のあった
[今週の技術解説] 【ご存知ですか】 Web テクノロジーの基礎知識 ~環境構築からアプリ開発まで~ - IT プロフェッショナルのみなさまへ - Site Home - TechNet Blogs

の中の、「インターネット Web サーバー構築ガイドライン」の記事が
よさそうなのでMEMO

時間のあるときに目を通してみたいです。(特に後半の章は自信がない項目が多いので必読?
MCPのTranscriptのダウンロード先
2010年08月23日 (月) 10:52 | 編集
あまり使うことはないかもしれませんが、自分がどのMCPをいつ取ったかを
たまに確認したいときに便利なためMEMO

https://www.certificationlogobuilder.com/TranscriptDownload.aspx

現在はこちらでダウンロードできるようです。(たまにURL変わりますよね。。)
Windows Server 2003で起動後にpingが通らず
2010年08月15日 (日) 11:59 | 編集
IPSECのサービスが起動しなくなっているためのようでした。。

Windows Server 2003 ベースのコンピュータで IPSec MMC ポリシーを開くときにエラー メッセージが表示される

サーバが手元にあればよいのでしょうが、こうなってしまうと
リモートでどなたかに見てもらっても、ログオン画面までは出ているけど、
なんで、ping通らないのよ!って具合でなかなか理由が分かりませんでした
結局現地行き。。

サーバが約200台あって、一斉作業してリブートしたら2台同現象がありました。
リブート前にレジストリを見ると破損してるか分かるんですかねぇ
次回作業予定のある場合は再起動前にチェックしないと、リブート→繋がらずになってしまいます
キャッシュでログオンした際にダイアログメッセージを表示する
2010年08月06日 (金) 17:42 | 編集
ちゃんとグループポリシー適用されてる?
ログオン認証されてる?

というときにキャッシュログオン時にメッセージを表示させる方法
User is not alerted when logging on with domain cached credentials

以下のようなダイアログが表示されるようですね。
Windowsクライアント(XP)がドメインログオンに時間がかかるというので調査した
2010年07月02日 (金) 16:34 | 編集
よくある話ですが、ここ最近、ある拠点のPCでこの現象が多いということで
ドメインログオンに時間がかかる原因をどう調べようかと調査したMEMO

・ログオン処理に時間がかかるときに調査する方法を知りたい - Windows読者限定:ITpro
・Understanding How to Read a Userenv Log – Part 1 - Ask the Directory Services Team - Site Home - TechNet Blogs

上記よりUserenv.logを取得し、目がチカチカしながらもチェックしていく。
何となく、ログオン時に何をしているか分かりますね

テスト環境では試せたので、そのうち問題のクライアントPCの内容を確認したいと思います。
IEのオートコンプリートやダイアログボックスの情報を一覧で見られるツール
2010年06月15日 (火) 17:29 | 編集
パスワードを知りたかったわけではないのですが、
このツールでサクッと見れてしまいます。。
(最近アクセスしていないサイト情報なども出てきて、びっくり&
誰かに自分のPCにログオンしているときに使われたら。。と思うと恐ろしすぎ。。)

IE PassView
ダウンロードして解凍、exe実行。あっという間にパスワードが表示され。。あぜん
ConfickerにWindows Server 2003が感染。。
2010年06月08日 (火) 14:36 | 編集
ファイル共有が使えないという知らせがあり、確認するとどうやらConfickerによって
svchostプロセスが停止していた模様

セキュリティパッチMS08-067を適用することで回避できるようでしたが、
他、関連情報をMEMO

MSのConfickerウィルス説明ページ(英語)
Information about Worm:Win32/Conficker.D

MS08-067の情報
Server サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (958644)

PowerShellでサーバ監視・レポートメール送信
2010年06月08日 (火) 14:22 | 編集
以前の記事でPowerShellでサーバ監視の簡単なスクリプトを
作るといっていたものができたので、貼り付け
追加でsmtpサービスを入れたり、basp21を入れたりせずにメール送信できるところが
ちょっと気に入っています。(PowerShell環境をインストールする方が面倒くさかったりしますが

いろいろなサイトを参考に、客先に出すものでもなかったので、
動けばいいというレベルです。。

概要は以下のようなものです。
・24H前までに発生したイベントログ(システム・アプリケーション)を
 Dドライブのレポート用ファイルに記載
・あるファイルに記載している監視したいサービスの一覧ファイルを
 読み込んで、そのサービスが正常に起動しているか確認
・ディスク容量確認
・デイリーのバックアップファイルのサイズ確認
・robocopyのログファイルから、EXTRA行を除いた行をレポートファイルに記載
・上記情報を記載したファイル内容を読み込み、smtpのbodyに貼り付けて
 メール送信

上記をWindows Server 2003のタスクにスケジュールし、実施しています。
> powerShell D:\Reports\report.ps1
という内容のbatファイルを作成して実施

内容を適宜変えていただき、ファイルのパスなども変更いただければ
用途があえばお役に立てるかもしれません

###-----report.ps1-----###
$yyyymmdd = (Get-Date).ToString("yyyyMMdd")
$yyyymmdd1 = (get-date).AddDays(-1).ToString("yyyyMMdd")
$fileName = $yyyymmdd + "_report.txt"

$fileNamePath = "D:\Reports\"+$fileName
$robocopyFile = $yyyymmdd1 + "_robocopy_err_log.txt"
$robocopyFilePath = "D:\robocopy\"+$robocopyFile
New-Item $fileNamePath -Type File

#ファイル書込み
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value $yyyymmdd" ---- サーバ名 Daily Report ----"
#改行書込み
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath `r
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value "■24H前までに発生したイベントログ(システム)"

#イベントログ(system)内容取得
get-eventlog -Logname system | Where {$_.timegenerated -gt (get-date).AddDays(-1)} | Format-List * >> $fileNamePath
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value "■24H前までに発生したイベントログ(アプリケーション)"
#イベントログ(Application)内容取得
get-eventlog -Logname application | Where {$_.timegenerated -gt (get-date).AddDays(-1)} | Format-List * >> $fileNamePath

Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value "■サービス稼動チェック"
$t= get-content D:\Reports\Monitoring_Services.txt
$s = $t | foreach-object{get-service $_}
$hush = @{}
$s | foreach-object{$hush[$_.DisplayName]=$_.status}
$hush >> $fileNamePath

#改行書込み
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath `r
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath `r

Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value "■ディスク容量チェック"
$disks = get-wmiobject Win32_LogicalDisk | ?{$_.DriveType -eq 3}
foreach ($disk in $disks)
{
$a = $a + "ドライブレター: " + $disk.DeviceID + "`r"
$a = $a + "容量: " + ("{0,6:0.00}" -F ($disk.Size / 1GB)) + " GB" + "`r"
$a = $a + "空き容量: " + ("{0,6:0.00}" -F ($disk.FreeSpace / 1GB)) + " GB" + "`r"
$used = [Long]$disk.Size - [Long]$disk.FreeSpace
$a = $a + "使用量: " + ("{0,6:0.00}" -F ($used / 1GB)) + " GB" + "`r" + "`r"
}
$a >> $fileNamePath

#改行書込み
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath `r
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath `r
#バックアップファイルサイズ調査
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath -Value "■D:\サーバ名_backup\サーバ名_FullBackup.bkf ファイルサイズ(GB)"
$diskSize = (Get-ChildItem "D:\サーバ名_backup\サーバ名_FullBackup.bkf").Length /1GB
$diskSize = [math]::round($diskSize,2)
$diskSize >> $fileNamePath

#■正規表現によるファイルから特定の行を取得
Add-Content -encoding unicode $fileNamePath "■前日分のRobocopy ミラーリングログ"

cat $robocopyFilePath |? {!($_ -match "\*EXTRA")} >> $fileNamePath

$sr = New-Object System.IO.StreamReader($fileNamePath)
#$sr.CurrentEncoding
$mBody = $sr.ReadToEnd()

$mail = New-Object System.Net.Mail.MailMessage
$mail.to.Add("メールアドレス1")
$mail.to.Add("メールアドレス2")
$mail.to.Add("メールアドレス3")

$mail.Subject = "----サーバ名 Daily Report----"
$mail.Body = $mBody

$mail.BodyEncoding = [System.Text.Encoding]::GetEncoding("utf-8")
$smtp = New-Object System.Net.Mail.SmtpClient("メールサーバ名 or IPアドレス")
$smtp.Send($mail)



-----以下、実行結果の内容例-----
20100608 ---- サーバ名 Daily Report ----

■24H前までに発生したイベントログ(システム)

EventID : 7036
MachineName : サーバ名
Data : {}
Index : 3819
Category : (0)
CategoryNumber : 0
EntryType : Information
Message : Microsoft Software Shadow Copy Provider サービスは、stopped 状態に入
りました。
Source : Service Control Manager
ReplacementStrings : {Microsoft Software Shadow Copy Provider, stopped}
InstanceId : 1073748860
TimeGenerated : 2010/06/08 7:12:38
TimeWritten : 2010/06/08 7:12:38
UserName :
Site :
Container :

■24H前までに発生したイベントログ(アプリケーション)

EventID : 8019
MachineName : サーバ名
Data : {}
Index : 1988
Category : (0)
CategoryNumber : 0
EntryType : Information
Message : 操作の終了:
操作は正常終了しました。

詳細は、バックアップ レポートを参照してください。
Source : NTBackup
ReplacementStrings : {
操作は正常終了しました。}
InstanceId : 8019
TimeGenerated : 2010/06/08 7:06:41
TimeWritten : 2010/06/08 7:06:41
UserName :
Site :
Container :

■サービス稼動チェック

Name Value
---- -----
HP Insight Storage Agents   Running
APC PBE Server    Running
Terminal Services   Running
Windows Management Instrume...   Running
Event Log   Running
HP Smart Array SAS/SATA Eve...   Running
HP ProLiant System Shutdown...   Running
Server   Running
Logical Disk Manager   Running
HP Insight Server Agents   Running
Distributed File System   Running
APC PBE Agent   Running
HP Insight Foundation Agents   Running
HP ProLiant Remote Monitor ...   Running
HP Storage Server Managemen...   Running
HP Insight NIC Agent   Running
DNS Client   Running
Remote Procedure Call (RPC)   Running
Net Logon   Running

■ディスク容量チェック
ドライブレター: C:
容量: 15.00 GB
空き容量: 6.35 GB
使用量: 8.64 GB

ドライブレター: D:
容量: 936.90 GB
空き容量: 484.88 GB
使用量: 452.02 GB

■D:\サーバ名_backup\サーバ名_FullBackup.bkf ファイルサイズ(GB)
250.2

■前日分のRobocopy ミラーリングログ

-------------------------------------------------------------------------------
ROBOCOPY :: Robust File Copy for Windows :: Version XP010
-------------------------------------------------------------------------------

Started : Mon Jun 07 13:30:00 2010

Source : D:\data\
Dest : \\サーバ名\D$\data\

Files : *.*

Options : *.* /NDL /NFL /TEE /S /E /COPY:DAT /PURGE /MIR /NP /R:1000000 /W:30

------------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------------

Total Copied Skipped Mismatch FAILED Extras
Dirs : 93516 27 93489 0 0 10
Files : 765181 649 764532 0 0 72
Bytes : 172.842 g 717.29 m 172.141 g 0 0 7.61 m
Times : 0:27:05 0:00:48 0:00:00 0:26:16

Speed : 15429737 Bytes/sec.
Speed : 882.896 MegaBytes/min.

Ended : Mon Jun 07 14:27:05 2010




Movable Type 5 をWindowsにインストールする方法
2010年05月25日 (火) 21:25 | 編集
ちょっと前にブログをMT4で作成してみようと思ったこともあったんですが、
興味本位で試したくて、MT5をWindowsにインストール開始!

が、昔の知識を頼りに中途半端に始めて、はまる。。

WinXPローカルでXAMPPを使ってMovable Typeを動かす―2010年3月版 その1 « Like@Lunatic Blog

上記のURLを参考に手順通りやったら一発解決 いやーありがとう!すばらしいです
Powered by . / Template by sukechan.