FC2ブログ
MSLabo: MCP取得や実務用に自宅でWindowsサーバを検証・自習してます&たまに日記
自宅サーバにて、Windows 2008, MSCS, Active Directory, Exchange, Sharepoint, System Center(SCCM, SCOM, FCS), SQL Serverの自習、検証をした内容を記載していきたいと思います。
MCP 70-649 自習メモ(Active Directory)
2009年05月27日 (水) 08:07 | 編集
あくまで自習していて私が理解しづらかった部分などのメモなどので
試験範囲全部は網羅できておりませんので、あしからずです

■AD LDS
AD LDS とは、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) のディレクトリ サービスのこと。

AD LDS では、Active Directory ドメイン サービス (AD DS) に必要な依存関係がなくても、ディレクトリ対応アプリケーションのデータを保存および取得できます。AD LDS では、AD DS と同じ機能が数多く提供されますが、ドメインやドメイン コントローラーの展開は不要です。単一のコンピューターで AD LDS の複数のインスタンスを同時に実行でき、各 AD LDS インスタンスで個別にスキーマを管理できます

LDAPを使用したアプリケーションを開発、サポートするための機能?
レプリカ機能やLDIFファイルからデータをインポートしたり、AD DSとの同期などが可能

■AD FS
Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) は、Web のシングル サインオン (SSO) テクノロジを使用して、1 つのオンライン セッションが有効な間、ユーザーを複数の Web アプリケーションで認証できるようにする役割をもちます

参考URL
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc772593(WS.10).aspx
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/insiderseye/20051103r2/r2_01.html

■RODC展開の要件
Windows 2008のDC(普通の)が展開されていること
RODCでパスワードレプリケーションポリシーを設定すること

参考URL(パスワードレプリケーションポリシーの設定方法)
http://journal.mycom.co.jp/series/AD/027/index.html

■AD RMS
権限の設定にメールアドレスを使用する。

参考URL
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080318/296490/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.