FC2ブログ
MSLabo: MCP取得や実務用に自宅でWindowsサーバを検証・自習してます&たまに日記
自宅サーバにて、Windows 2008, MSCS, Active Directory, Exchange, Sharepoint, System Center(SCCM, SCOM, FCS), SQL Serverの自習、検証をした内容を記載していきたいと思います。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レジストリの「BrowserFlags」って
2011年05月27日 (金) 13:21 | 編集
問合せでいきなりキー名を言われても。。

ってことでIEでOFFICE文書などを開いたときに、IE内ではなく
文書をWORD, EXCELで開かせるためのオプションですな

■Internet Explorer ではなく適切な Office プログラムで Office ドキュメントが開かれるように構成する方法
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;162059
スポンサーサイト
節電対応2 -Managing Power with Group Policy-
2011年05月25日 (水) 18:12 | 編集
こちらのページを見ていくと、XPでもポリシーで電源設定をかける
ことができそうです

Managing Power with Group Policy: Part 1 of 3

XPとかでは「Group Policy preferences client side extensions」というものを
入れないとダメなようで。。
Windows 2008のadmxを使えば、DCが2003のみでも設定できるのかな?。。
今流行りの?節電、用グループポリシーの設定をやってみた
2011年05月25日 (水) 18:07 | 編集
15分でモニタ切る、30分でスタンバイのような設定をユーザに
強制したいというリクエストを受けて。。

以下のURLを参照し、スタートアップスクリプトとログオンスクリプトを
組み合わせてクライアントはXPで実現

■Windows PC の電力設定展開方法
http://download.microsoft.com/download/E/0/9/E098064F-71B4-4CDB-AF7F-D5EC7B544B7F/winpc_pwrming.docx

※スタートアップスクリプトとログオンスクリプトのスクリーンショットが
 結構間違ってます。。

スタートアップスクリプトでsubinaclを使って一般ユーザ権限でも
電源関連設定をいじれるようにレジストリのアクセス権を変更

ログオンスクリプトでpowercfgコマンドにて電源設定

という流れになります。

ちなみに設定をやっぱりポリシーかける前に戻したいと思った場合、
subinaclで権限をエクスポートしておかないと私の環境では元に戻せませんでしたと。

・バックアップ方法
subinacl /subkeyreg "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Controls Folder\PowerCfg" <任意のバックアップファイル名>
subinacl /subkeyreg "HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\PowerCfg" <任意のバックアップファイル名>

・リストア方法
subinacl /playfile <バックアップファイル名>

Windowsでteeを使いたくて
2011年05月25日 (水) 17:54 | 編集
コマンドの出力を黒い画面で見つつ、ログにもと思い、
そういえば昔調べてなんかやったけど、忘れてしまった

で、Windows版のteeがどこかでダウンロードできたりするかな。。と
調べたら以下を発見!

NT版UNIX-like tools Version 0.14

ダウンロードしたファイルからteeだけ、system32にコピーして使ったら
難なく目的が達成できました。

> ipconfig /all | tee c:\log.txt

てな具合で。便利
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。