FC2ブログ
MSLabo: MCP取得や実務用に自宅でWindowsサーバを検証・自習してます&たまに日記
自宅サーバにて、Windows 2008, MSCS, Active Directory, Exchange, Sharepoint, System Center(SCCM, SCOM, FCS), SQL Serverの自習、検証をした内容を記載していきたいと思います。
svchostやプロセスを詳細に調べるときに。。
2011年02月13日 (日) 11:48 | 編集
未だに良くわかっていない、svchost.exeの仕組み

ちょっと古いですが、以下のページが詳細に調査しなければならない
ときに役立ちそうなのでMEMO

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/400svchost/svchost.html

Windows 2008ではタスクマネージャからでも
詳細な情報が見れたりできるようになっていた気も

スポンサーサイト



特定の期間に作成されたユーザアカウントを検索するスクリプト
2011年02月10日 (木) 17:39 | 編集
■MSのページにあったものを簡単に変更


On Error Resume Next

Const ADS_SCOPE_SUBTREE = 10 'OU10階層まで検索

dtmCreationDate1 = "20110210000000.0+0900" '開始日時 GMT +9H
dtmCreationDate2 = "20110211000000.0+0900" '終了日時 GMT +9H

Set objConnection = CreateObject("ADODB.Connection")
Set objCommand = CreateObject("ADODB.Command")
objConnection.Provider = "ADsDSOObject"
objConnection.Open "Active Directory Provider"
Set objCommand.ActiveConnection = objConnection

objCommand.Properties("Page Size") = 1000
objCommand.Properties("Searchscope") = ADS_SCOPE_SUBTREE

objCommand.CommandText = _
"SELECT Name, whenCreated FROM 'LDAP://ou=xxxx,ou=xxxxx,dc=xxxxx,dc=local' WHERE objectClass='user' " & _
"AND whenCreated>='" & dtmCreationDate1 & "' AND whenCreated<='" & dtmCreationDate2 & "'"
Set objRecordSet = objCommand.Execute

objRecordSet.MoveFirst

Do Until objRecordSet.EOF
dtmCreated = objRecordSet.Fields("whenCreated").Value
dtmCreated = DateAdd("h", +9, dtmCreated) 'GMT +9H
Wscript.Echo objRecordSet.Fields("Name").Value, dtmCreated
objRecordSet.MoveNext
Loop


※日時指定がポイントでしょうか。以下を参考にしました
http://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/1290cb9b-a047-40aa-9c11-854536d37150/
http://gallery.technet.microsoft.com/scriptcenter/f2bda8cc-8f7a-4720-a1bd-6e3a58b95f33/
Powered by . / Template by sukechan.