FC2ブログ
MSLabo: MCP取得や実務用に自宅でWindowsサーバを検証・自習してます&たまに日記
自宅サーバにて、Windows 2008, MSCS, Active Directory, Exchange, Sharepoint, System Center(SCCM, SCOM, FCS), SQL Serverの自習、検証をした内容を記載していきたいと思います。
来年度からExchange 2010導入の業務が待っている?。。
2011年01月22日 (土) 10:16 | 編集
というわけで自習書を読んだり、少しは動きを始めてますが、
実際にインストールなんてことはまだしていません
(検証機が用意されるってことなんで、それまではイメトレでと

書籍でも買おうと思ったところ以下しかまだ発売されていないようですね。
どこかの本屋で内容を見てから購入しようかと思ってます。
(リソキが出たら即GETなんですが)


Notesからの移行なんでその辺の情報も欲しいところ
スポンサーサイト



MSTEP Exchange 2010のイベント
2009年11月25日 (水) 14:29 | 編集
明日ですが、出張の旅も終了したので、久々にMSのイベントへ

Exchange Server 2003を官公庁に入れるお仕事をしてからは
ずっとご無沙汰なExchange Serverの最新版2010のイベントがあったから
申し込みましたkao03

[mstep] Exchange Server 2010 新機能と旧バージョンからの移行 [forPartner]

さて、年末年始、休みとかで時間のできる可能性大なんで
久々にまともにお勉強しようと思うこのごろ

がんばりまっせ~


Exchange Server 2010 ベータ版 自習書
2009年07月13日 (月) 14:31 | 編集
気が早いですが、自習書がすでに1つ(インストール編)公開されていた。。

Exchange Server 2010 公開ベータ版向け 自習書シリーズ

プレビューガイドをみましたが、結構新機能が増えているようですね。
時間ができたらインストールしてみたいっす

FC2 サーバカテゴリランキングを見る にほんブログ村 IT技術ブログ Windowsサーバカテゴリランキングを見る ブログセンタ Windowsランキングを見る BLOG RANKING サーバー構築・運用ブログランキングを見る
OWAをISA Server 2006を使って公開する方法(Technet バーチャルラボ)
2009年07月03日 (金) 18:13 | 編集
昔、検証でNICを2枚刺しして試そうと思ってトライしたけど、いい資料が見つけられず
(その前に私の腕が足りずorz。。)
できなかった内容が、Technet バーチャルラボで公開されたようです。
とりあえずテキストGET

TechNet バーチャル ラボ: ISA Server 2006 と Forefront Server Security による Exchange、SharePoint の安全な利用

Sharepointの社外公開機能と合わせて、ISA Serverはキャッシュ機能もあるので
ISAのページにある以下の絵のような構成ってMSラブな私にはとても素敵に映りますわ。

ネットワークはぜんぜん詳しくないので、この話はこの辺で。。
Exchange 2007テストツール Load GeneratorとJetStressの手順ページ
2009年06月11日 (木) 16:51 | 編集
4~5年前、Loadsimのテストで何日も帰れなかった日々を思いだす。。
自宅のサーバ環境でただExchangeをインストールしただけの状況なので何か面白いことを
と思い、頭に浮かんだのがMicrosoft Exchange Loadsim、こいつはExchange 2003の
パフォーマンステストツールなんですが、(知ってるわ!というつっこみは勘弁
Active Directory上にテストアカウントを作成し、メールボックスをExchange上に作成、
入力したテスト値をもとにOutlookクライアントを使って添付メールをばんばん投げあったりして
負荷をあげていきます。そのためクライアントPCが結構な台数必要でした。

Exchange 2007用のLoadsimは、、と思ったらLoad Generatorという名前に変わっているようでした。
ダウンロードはMSのページからできるのでいいとして、参考手順が載っているページを見つけたので
下記しときます。

Microsoft Exchange Load GeneratorのGUI入り参考手順ページ

Disk Performance Testing with Jetstress 2007(おまけ)

実行してる間の状態をSCOMなんかで見てみるってのがちょっと面白そう
Windows Server 2008へExchange Server 2007をインストール
2009年06月04日 (木) 08:33 | 編集
Windows Server 2008へExchange Server 2007をインストールしました。

Exchange Server 2007のインストール前提条件(1台にハブ トランスポート、クライアント アクセス、メールボックス サーバーの役割)を以下のPowerShellコマンドをまとめて実行

AD管理ツール(スキーマ拡張をインストール時に同時に実行するため。
別途 ADサーバ上で、setup /PrepareADコマンドでも実行可能ですが)、
PowerShellインストール、IIS の前提条件インストール

ServerManagerCmd -i RSAT-ADDS
ServerManagerCmd -i PowerShell
ServerManagerCmd -i Web-Server
ServerManagerCmd -i Web-ISAPI-Ext
ServerManagerCmd -i Web-Metabase
ServerManagerCmd -i Web-Lgcy-Mgmt-Console
ServerManagerCmd -i Web-Basic-Auth
ServerManagerCmd -i Web-Digest-Auth
ServerManagerCmd -i Web-Windows-Auth
ServerManagerCmd -i Web-Dyn-Compression

Exchange Server 2007をインストール。(標準)
ex2007

完了
ex2007-02
Exchange 2007のCCRを作った
2009年05月19日 (火) 16:45 | 編集
■わたし的なポイントと思うところもふ

 ・クラスタクォーラムを作るときに、ファイル共有監視を選択して設定するところがミソ?

 ・監視共有用の共有フォルダ上のセキュリティ設定をにクラスタ名で設定した
 コンピュータアカウントにフルコントロールを与えます。


 ・共有のパスを指定する際にサーバ名にドメイン名を含めないと、エラーとなった。
 エラーメッセージで検索して以下のURLを見て、何となくドメイン名を足したら動きました(笑)
 http://support.microsoft.com/kb/952247/en-us

■参考にしたURL
・Exchange and UC : CCR Clusters on Virtual Machines
  http://blogs.technet.com/julian/archive/2007/02/06/ccr-clusters-on-virtual-machines.aspx

・Windows Server 2008 でのクラスタ連続レプリケーションのインストール
  http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/bb629714.aspx
Powered by . / Template by sukechan.